くらしきの風 Ⅱ

倉敷周辺の身近な自然と、 吉備高原の野草などをを気楽に撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

極楽トンボ



H22.8.06 ハグロトンボ 9374 s


極楽トンボってハグロトンボのことだったんですね。

ほかにカミサマトンボとかホトケトンボとも呼ばれているようです。

幽玄さを漂わせながら翔ぶハグロトンボの姿は、

まさにその俗称の通りですね。

ほかに盆トンボ、精霊トンボとも言われているそうです。





テーマ:マクロレンズで撮った写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/06(金) 12:26:36|
  2. 身近な自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<リスアカネを | ホーム | せみ時雨>>

コメント

いろんな名前があるのですね~☆彡
先人の方々はいろんなことを思って観られていたのでしょうか?
こちらは、優雅に凛とされ~重なる羽の濃淡がなんともすばらしい~♪
spoonさんならではの作品ですね~(*^_^*)
  1. 2010/08/06(金) 19:03:05 |
  2. URL |
  3. momo☆milk #-
  4. [ 編集]

ハグロトンボ・・・
久しく見ていないような気がします。

胴体の「金緑色(?)」が
光を受けると輝いて綺麗ですねー。

ちょっと山に入って探してみようかしら (^^
  1. 2010/08/07(土) 10:28:24 |
  2. URL |
  3. てつまん #dDm6s.8Q
  4. [ 編集]

むかしの暮らしは自然とともにありましたから、
よけいに自然に対する畏敬の念が強かったのではないでしょうか。

とくにトンボ、アキアカネ(いわゆる赤とんぼ)は羽化してから
山に行って過ごし、お盆のころになると里に帰ってくるので、
むかしの人々はご先祖さまの御霊が帰ってこられたと思って、
精霊トンボと呼ばれるようになったそうです。

残念なことにこのトンボちゃん(メスです)がもう撮れなくなってしまいました。
詳細はまたにしますね。
  1. 2010/08/10(火) 11:15:02 |
  2. URL |
  3. spoon #-
  4. [ 編集]

てつまんさん、ありがとうございます。

やっとそこそこに撮れはじめたと思っていたら、
ある事情で撮れなくなってしまいました・・・涙。

このトンボは川とか用水のそばにいることが多いです。
また撮ってみてくださいね。

  1. 2010/08/10(火) 11:20:24 |
  2. URL |
  3. spoon #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bunnn.blog110.fc2.com/tb.php/205-5cea5502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。